長距離の引っ越しでの費用節減

長距離の引っ越しでの費用節減

引っ越しは結構料金がかかります。

 

準備しないといけないことがたくさんあります。
特に長距離となると費用も莫大なものに。
少しでも費用を削減するためにできることをしましょう。
格安引越し
1、大きい荷物は本当にいるのか選択
東京〜青森間など長距離引っ越しとなると、交通費の増加に伴い代金が莫大なものになり可能性が大いにあります。そのため、他で節減する必要があります。
そこでまず問題となるのが、スペースの問題です。多くの引っ越し業者はトラックの大きさが料金に関係しています。そのため、スペースが小さい=トラックの重量が軽いものほど料金は安くなります。
意外とトラックの重量は料金の上げ幅が大きく、引っ越し先で大型のものを購入するほうが安いのであれば、もっていかないほうが料金的にお得の場合があります。
処分する際は、5年以内の家電ならリサイクルショップに売れる場合もあるのでそちらを利用しましょう。リサイクルできないときは、家電リサイクル法により処分費用が掛かるので、もっていった方がお得の場合もありますので、しっかり業者の見積もりをチェックしましょう。

 

2、複数の業者に見積もりをもらう
業者によって、料金は結構違います。あるところは10万、またあるところは8万と差が出てきます。医療機関ではないですが、セカンドオピニオンを聞きましょう。〇〇さんだと、△万って言われたんですけど安くなりますかなど、交渉次第で安くしてくれる場合もあります。私の場合は、私の荷物を他のお客さんの引っ越し荷物と一緒にしてもらい料金を安くしてもらいました。

 

3、引っ越し繁忙期以外を狙う
2月、3月などは引っ越しの繁忙期です。その分、業者は売れ売れなので、料金が高いです。そのため、もし機関を選択できるのであれば、繁忙期を避けるという手があります。
実際の料金に関してはHPを見たりや見積もり作成を頼んだりして、比較してみましょう。

 

1)引越し格安
2)格安引越し

 

いずれにせよ長距離の引っ越しはお金がかかります。
他にもいろんな方法があると思いますので、調べてみるのもいいと思います。